コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天衣紛上野初花 くもにまごううえののはつはな

6件 の用語解説(天衣紛上野初花の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天衣紛上野初花
くもにまごううえののはつはな

歌舞伎狂言。世話物河竹黙阿弥作。 1881年3月東京新富座初演。7幕 21場。2世松林伯円の講談『天保六花撰』を脚色したもの。質店上州屋の娘のお藤が松江侯の妾に強請されるのを聞いた御数寄屋坊主河内山宗俊が,上野の宮のにせ使僧となって,直次郎 (直侍) を供に仕立てて乗込み,娘を取戻したうえ大金をせしめる3幕目の「松江侯邸の場」と,吉原大口屋の遊女三千歳 (みちとせ) と直侍の情話を扱った6幕目の「入谷大口屋寮の場」が名高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くもにまごううえののはつはな〔くもにまがふうへののはつはな〕【天衣紛上野初花】

歌舞伎狂言世話物。7幕。河竹黙阿弥作。明治14年(1881)東京新富座初演。2世松林伯円(しょうりんはくえん)の講談「天保六花撰(てんぽうろっかせん)」の脚色で、河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)のくだりと、三千歳(みちとせ)・直侍(なおざむらい)のくだりが個別に上演されるが、後者は、ふつう「雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)」の外題を用いる。通称「河内山」「河内山と直侍」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天衣紛上野初花【くもにまごううえののはつはな】

河竹黙阿弥作の歌舞伎劇。通称〈河内山(こうちやま)〉。1881年初演。松林伯円の講談《天保六花撰》を脚色。侠気(きょうき)あるお数寄屋坊主河内山が町家の娘を救うため,上野の宮の使僧に化け,直侍(なおざむらい)こと片岡直次郎を家来にして大名の邸に乗り込む〈松江邸〉のほか,直侍と遊女三千歳(みちとせ)の情話を描いた〈そば屋〉〈入谷の寮〉の段が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くもにまごううえののはつはな【天衣紛上野初花】

歌舞伎狂言。世話物。7幕。河竹黙阿弥作。1881年3月東京新富座初演。別名題《三幅対上野風景》。通称《河内山と直侍》。配役は河内山宗俊を9世市川団十郎,片岡直次郎を5世尾上菊五郎,金子市之丞・比企東左衛門を初世市川左団次,筆職人寺田幸兵衛・高木小左衛門を中村宗十郎,松江出雲守・手代半七を坂東家橘(14世市村羽左衛門),暗闇の丑松・宮崎数馬を5世市川小団次,按摩丈賀を尾上梅五郎(のちの4世尾上松助),三千歳・腰元浪路を8世岩井半四郎ほか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くもにまごううえののはつはな【天衣紛上野初花】

歌舞伎の一。世話物。河竹黙阿弥作。1881年(明治14)東京新富座初演。通称「河内山と直侍」「河内山」。松林伯円しようりんはくえんの講釈「天保六花撰」に基づく。御数寄屋坊主の河内山宗俊が松江侯のもとから町娘を取り戻すくだりと、直侍・三千歳の情話が中心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天衣紛上野初花
くもにまごううえののはつはな

歌舞伎(かぶき)脚本。世話物。7幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。通称「河内山(こうちやま)」「直侍(なおざむらい)」。1881年(明治14年)3月、東京・新富座で9世市川団十郎の河内山宗俊(そうしゅん)、5世尾上(おのえ)菊五郎の片岡直次郎、8世岩井半四郎の大口屋三千歳(おおぐちやみちとせ)・腰元浪路(なみじ)、初世市川左団次の金子市之丞(いちのじょう)らにより初演。松林伯円(しょうりんはくえん)の講談『天保六花撰(てんぽうろっかせん)』を脚色、作者が1874年に書いた『雲上野三衣策前(くものうえのさんえのさくまえ)』を増補改訂したもの。
 お数寄屋(すきや)坊主の河内山は、松江出雲守(いずものかみ)に軟禁された腰元浪路を救うため、上野の宮(みや)家の使僧に化けて乗り込み、まんまと浪路を取り戻しての帰りがけ、玄関先で北村大膳(きたむらだいぜん)に見破られるが、逆に居直って相手を脅し、家老高木小左衛門(こざえもん)の計らいで無事に立ち帰る。一方、御家人くずれの直侍こと片岡直次郎は、旗本比企東左衛門(ひきとうざえもん)の蔭富(かげとみ)(富籤(とみくじ)を利用した博打(ばくち))を暴き、金を巻き上げたことからお尋ね者になり、江戸を去る前に愛人の三千歳と入谷の寮で別れを惜しみ、恋敵(こいがたき)の剣客金子市之丞の情けで三千歳を請け出すことができるが、弟分暗闇(くらやみ)の丑松(うしまつ)の密告により捕手に追われ、雪の中を逃げてゆく。
 明治歌舞伎の全盛期を飾る名優ぞろいの一座にはめた代表作で、とくに三幕目「松江邸」の玄関先で河内山が啖呵(たんか)を切る場面が眼目。直侍が三千歳を訪ねる六幕目は、江戸の世相を活写した「そば屋」から、清元(きよもと)『忍逢春雪解(しのびおうはるのゆきどけ)』(通称「三千歳」)を使って色模様を展開する「大口屋寮」にかけ、作者の詩情を発揮する箇所で、『雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)』の名題(なだい)で独立して上演することも多い。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天衣紛上野初花の言及

【天保六花撰物】より

…河内山は質屋上州屋の娘が松江侯の妾に望まれて困っていると知り,上野の使僧に化けて松江の邸へ乗り込み娘を取り戻し,その礼金を直次郎に渡す。これを改作したのが1881年3月新富座上演の《天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)》で,この作では金子市之丞のくだり,直次郎と三千歳の情話をからませた。新作として1934年6月東京劇場初演の長谷川伸作《暗闇の丑松》,同年12月東京劇場初演のやはり長谷川伸作《金子市之丞》がある。…

【三千歳】より

…1881年3月,5世尾上菊五郎,8世岩井半四郎ほかで東京新富座初演。《天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)》の6幕目〈大口屋寮の場〉の狂言浄瑠璃。大口屋の寮に出養生にきているおいらんの三千歳のもとへ,お尋ね者になった片岡直次郎が高飛びをする前に最後の別れに雪の中を忍んでくる。…

※「天衣紛上野初花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天衣紛上野初花の関連キーワード江戸狂言お静礼三四千両小判梅葉霜夜鐘十字辻筮小袖曽我薊色縫小春穏沖津白浪三題噺魚屋茶碗曽我綉侠御所染処女評判善悪鏡夜討曽我狩場曙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone