コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当風 トウフウ

デジタル大辞泉の解説

とう‐ふう〔タウ‐〕【当風】

[名・形動ナリ]今の世に流行していること。また、そのさま。当世風。今風。
「白き帷子(かたびら)に黒き帯の結び目を―に味はやれども」〈浮・五人女・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうふう【当風】

今の世の風俗。当世風。 「大昔・中昔・-というて三段おぢやるが/狂言記・吟聟」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

当風の関連キーワード当世下手談義曹・呉二体談林俳諧谷宗養談義本繰出し谷宗牧古風宗牧風俗直下

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当風の関連情報