コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当世風 トウセイフウ

デジタル大辞泉の解説

とうせい‐ふう〔タウセイ‐〕【当世風】

[名・形動]その時代に流行の風俗・風習や考え方であること。また、そのさま。今風。「当世風な(の)なり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうせいふう【当世風】

( 名 ・形動 )
今の世に流行している風俗・風習。今の世の考え方。また、そのような趣をもっているさま。当世様。いまふう。 「いかにも-な格好」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当世風の関連キーワードユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:音楽の労作/piano soloバッハ:パルティータ 第1番 変ロ長調/piano soloバッハ:パルティータ 第5番 ト長調/piano soloバッハ:パルティータ 第4番 ニ長調/piano soloバッハ:パルティータ 第6番 ホ短調/piano soloバッハ:パルティータ 第3番 イ短調/piano soloバッハ:パルティータ 第2番 ハ短調/piano solocontemporary suitmodern girlmodern boymoderniseファッショナブルコンテンポラリースタイリッシュ当世仕立て新世作り浮世小紋当世流当世男浮世笠

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当世風の関連情報