コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帷子 かたびら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帷子
かたびら

夏の麻のきもの。古くは片枚 (かたひら) と記し,裏のない衣服をすべてこう呼んだが,江戸時代には,単 (ひとえ) 仕立ての絹物を単と称するのに対して,麻で仕立てられたものを帷子と称した。武家のしきたりを書いた故実書をみると,帷子は麻に限らず,生絹 (すずし) ,紋紗 (もんしゃ) が用いられ,江戸時代の七夕 (7月7日) ,八朔 (8月1日) に用いる白帷子は七夕には糊を置き,八朔には糊を置かないのがならわしとなっている。ゆかた湯帷子が本来の名称であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かた‐びら【帷子】

《袷(あわせ)の片枚(かたひら)の意》
裏をつけない衣服の総称。ひとえもの。
生絹(すずし)や麻布で仕立てた、夏に着るひとえの着物。 夏》「青空のやうな―きたりけり/一茶
経帷子(きょうかたびら)のこと。
几帳(きちょう)帳(とばり)などに用いて垂らす絹。夏は生絹(すずし)、冬は練り絹を用いた。
「御几帳の―引き下ろし」〈・若紫〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

帷子【かたびら】

夏衣装の一種。本来裂(きれ)の片方を意味したが,江戸時代には麻の単(ひとえ)物をさした。装束の下に用いるほか小袖(こそで)の表着とされ,直垂(ひたたれ)以下大紋には白,布衣(ほい)以下裃(かみしも)には染帷子が一般に用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かたびら【帷子】

夏の着物の一種。かたびらは袷(あわせ)でなく裂(きれ)の片方を意味し,帳(ちよう)の帷(い)や湯帷子(ゆかたびら)はその原義を示しているが,のちには単物(ひとえもの)を称するようになった。このほか装束の下に用いる帷子と,小袖の表着(うわぎ)としてとくに麻あるいは生絹(きぎぬ)の単物をいう場合もある。装束の帷子は,はじめ装束の下に肌身につけた汗取(あせとり)から起こり,夏季に袷衵(あわせあこめ)をはぶいて単襲(ひとえがさね)を着て,下に麻の帷子を着用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かたびら【帷子】

〔あわせの「片ひら」の意〕
裏を付けない衣服。ひとえもの。
装束の下に着るひとえの布製の衣服。
夏用の麻の小袖。薩摩上布・越後上布などが用いられた。 [季] 夏。
几帳きちよう・帳とばりなどに用いて隔てとする薄い絹布の垂れ布。
経帷子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帷子
かたびら

ただ帷と書かれることもある。衣服および調度の用語。
(1)公家(くげ)の衣服の場合は、布製(植物性の繊維で織ったもの)の単(ひとえ)仕立ての下着。近世以降の小袖(こそで)の場合は、布製の単物の着物のこと。江戸時代の御殿女中が夏季に着用のものには、越後上布(えちごじょうふ)、奈良晒(ざらし)、薩摩(さつま)上布などに藍(あい)染めで詳細な模様を表し、さらに刺しゅうを加えた「茶屋辻(つじ)」とよばれる技法を施した小袖もある。また、夏の季語として帷子を用いるように、現在「帷子時」といえば盛夏の時節をさす。
(2)公家調度においては、帳台や几帳(きちょう)にかけて垂らす、表裏とも平絹(ひらぎぬ)や綾(あや)で仕立てられた幕状のものをさす。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の帷子の言及

【着物】より

…〈着るもの〉という意味から,衣服と同義語として用いられることもあるが,洋服に対して在来の日本の着物,すなわち和服を総称することもある。しかし現在一般に着物という場合は,和服のなかでも羽織,襦袢(じゆばん),コートなどをのぞく,いわゆる長着(ながぎ)をさすことが多い。これは布地,紋様,染色に関係なく,前でかき合わせて1本の帯で留める一部式(ワンピース)のスタイルのもので,表着(うわぎ)として用いる。以下〈着物〉の語はおもに長着をさして使う。…

【茶屋染】より

…夏の帷子(かたびら)の染法。寛永(1624‐44)ころ,京都の呉服商茶屋四郎次郎が創案したという。…

※「帷子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帷子の関連情報