コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻蹴速 タイマノケハヤ

大辞林 第三版の解説

たいまのけはや【当麻蹴速】

垂仁天皇の頃の人。相撲の祖とされる。大和国当麻に住む強力自慢であったが、勅命で出雲国の野見宿禰のみのすくねと対戦し、肋骨や腰骨を折られて死んだという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当麻蹴速の関連キーワード野見宿禰・野見宿祢相撲・角力野見宿禰出雲国勅命腰骨

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android