コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻蹴速 タイマノケハヤ

大辞林 第三版の解説

たいまのけはや【当麻蹴速】

垂仁天皇の頃の人。相撲の祖とされる。大和国当麻に住む強力自慢であったが、勅命で出雲国の野見宿禰のみのすくねと対戦し、肋骨や腰骨を折られて死んだという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

当麻蹴速の関連キーワード野見宿禰・野見宿祢相撲・角力野見宿禰出雲国勅命腰骨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android