コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当麻蹴速 タイマノケハヤ

2件 の用語解説(当麻蹴速の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいま‐の‐けはや【当麻蹴速】

垂仁天皇時代の力持ちで、相撲の祖とされる人。大和国当麻の住人。朝廷に召されて、野見宿禰(のみのすくね)と力比べをし、肋骨(ろっこつ)を折って死んだとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいまのけはや【当麻蹴速】

垂仁天皇の頃の人。相撲の祖とされる。大和国当麻に住む強力自慢であったが、勅命で出雲国の野見宿禰のみのすくねと対戦し、肋骨や腰骨を折られて死んだという。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当麻蹴速の関連情報