コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形試合 かたじあい

1件 の用語解説(形試合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形試合
かたじあい

空手競技法の一つ。力の強弱,技の緩急,身体の伸縮という形の3要素について,その気迫,態度,礼節,演武線の正確さなどを競う。試合はフラッグ方式を採用しており,それぞれ赤色,青色の帯を締めた選手が順番に形を演武し,3人もしくは5人の審判が赤,青いずれかの旗を上げて勝敗を判定する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

形試合の関連キーワード背泳ぎ空手チョップ強弱標語跆拳道複合競技音圧感度空手道組み手競技縦走競技形競技

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone