コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形試合 かたじあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形試合
かたじあい

空手競技法の一つ。力の強弱,技の緩急,身体の伸縮という形の3要素について,その気迫,態度,礼節演武線の正確さなどを競う。試合はフラッグ方式を採用しており,それぞれ赤色,青色の帯を締めた選手が順番に形を演武し,3人もしくは5人の審判が赤,青いずれかの旗を上げて勝敗を判定する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

形試合の関連キーワード空手

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形試合の関連情報