彩漆(読み)いろうるし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彩漆
いろうるし

漆に顔料を混ぜて発色させたもの。これで絵や工芸品の装飾文様を描く。は混合する顔料によっては化学変化を起して発色しないので,江戸時代までは色の種類が少く,天然顔料を用いた朱,黒,黄,緑,褐色以外は得られなかった。明治末期以後,塩化蒼鉛などを応用して白漆が発明され,各種の原色中間色も開発された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいしつ【彩漆】

いろうるし。朱漆・黒漆などの類。

だみうるし【彩漆】

蒔絵まきえで金粉・銀粉による彩色に用いる漆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彩漆の関連情報