コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫刻室座 チョウコクシツザ

デジタル大辞泉の解説

ちょうこくしつ‐ざ〔テウコクシツ‐〕【彫刻室座】

南天の小星座。11月下旬の午後8時ごろ南中し、地平線近くに見える。目立つ星はないが銀河群が観測される。学名 〈ラテン〉Sculptor

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうこくしつざ【彫刻室座】

南天の星座。11月下旬の宵に南中する。あまり目立たないが、銀河座標の南極にあたり、銀河群が観測される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

彫刻室座の関連キーワードちょうこくしつ座銀河座標銀河南極南天南極

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android