コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影の煩ひ カゲノワズライ

デジタル大辞泉の解説

かげ‐の‐わずらい〔‐わづらひ〕【影の煩ひ】

熱病の一種。病人の姿が二人に見えて、どちらが本人かわからなくなるというもの。離魂病。影の病(やまい)。
「十七君(かこひ)の女郎に―とりつきけるを」〈浮・敗毒散・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例