コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後の葵 ノチノアオイ

デジタル大辞泉の解説

のち‐の‐あおい〔‐あふひ〕【後の×葵】

賀茂の祭の日に簾(すだれ)などにかけた葵を、祭りが過ぎた後日までそのまま残しておいたもの。
「祭過ぎぬれば、―不用なりとて」〈徒然・一三八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のちのあおい【後の葵】

賀茂の祭の当日に簾すだれなどに掛けた葵を、祭りが過ぎてもそのまま付けておいたもの。 「祭過ぎぬれば、-不用なりとて、ある人の御簾なるを皆取らせられ侍りしが/徒然 138

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

後の葵の関連キーワード賀茂の祭過ぎる