コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後ろ見 ウシロミ

デジタル大辞泉の解説

うしろ‐み【後ろ見】

後ろだてとなって助けること。幼少の者、制限行為能力者などの代理となったり補佐をしたりすること。また、その人。後見(こうけん)。
国政の補佐制度で、摂政関白が天皇を、執権職が将軍を補佐することなど。後見(こうけん)。
[補説]鎌倉時代からコウケンと音読みすることが始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしろみ【後ろ見】

後ろ楯だて」に同じ。 「人の-しつべき心あり/落窪 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後ろ見の関連キーワードとにかくに後ろむ後ろ盾飾り売

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後ろ見の関連情報