後仕手(読み)ノチジテ

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐して【後仕手】

〘名〙 (「のちして(後仕手)」を誤読した語) 能楽や狂言などで、中入りの後に出るシテ。

のち‐じて【後仕手】

〘名〙 (ふつう「後ジテ」と書く) 能で、前後二場ある曲の後場のシテ。中入(なかいり)からあとに登場するシテ。のちの仕手。⇔前仕手
※雑俳・柳多留‐九八(1828)「後仕手のやうに傾城床へ来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android