コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後作 アトサク

世界大百科事典 第2版の解説

あとさく【後作】

同じ畑にA,B,Cの作物を順次作付ける場合,BはAの,CはBの後作であり,AはBの,BはCの前作(ぜんさく)である。またMの畝間あるいは株間にNを間作する場合,Mが前作(あるいは上作)であり,Nが後作(下作)である。土壌からの養分供給や病虫害発生などについて,後作は良否両面で前作の影響を受け,また次の後作に影響を与える。作付け順序や間作における作物選択にあたっては,前・後作の競合関係は減らし,補合関係は利用できるようにする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あとさく【後作】

主要作物を収穫したあとの田畑に他の作物を栽培すること。また、その作物。 ⇔ 前作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後作の関連キーワードルードルフ・ゲオルグ ビンディングジェームス・グローバー サーバーエンゲルベルト フンパーディングアントニオ・カルロス ジョビンカジミェシュ ブランディスルブサンダシーン バダルチジョージ フィッツモリスベルンハルト ケラーマンアレクセイ レーミゾフヴィクトル コネツキーバーツラフ ジェザーチデービッド マシューズクララ フィービッヒアルブレヒツベルガーシャロン ファレルジョニー キャリシM. ボンテンペリイワン カターエフベニー ゴルソンティム ライス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後作の関連情報