コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間作 かんさく

7件 の用語解説(間作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間作
かんさく

混作の一種で,1作物の間に他の作物を栽培すること。その際,前から作付けされていたものを前作あるいは前作物といい,あとから作付けされるものを後作あるいは後作物という。土地の利用を集約し,また幼苗が生長した作物の保護を受けることにもなり,地力の維持に有効な場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あい‐さく〔あひ‐〕【間作】

かんさく(間作)

かん‐さく【間作】

[名](スル)
畑の畝(うね)と畝との間、または株と株との間に別の作物を栽培すること。
農作物の収穫後、次の作物を作りはじめるまでの期間を利用して、野菜などを栽培すること。あいさく。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

間作【かんさく】

ある作物の収穫前に,その条間に他の作物を栽培すること。前者を前作(上作),後者を後作(下作)という。たとえば麦類の間にトマトキュウリなどを栽培する場合,麦類は前作,野菜類は後作である。
→関連項目単作

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんさく【間作 intercropping】

ある作物の栽培期間中にその畝間あるいは株間に他の作物を栽培すること。果樹,茶,桑などの永年生の作物の間に野菜,ムギ,コンニャク等を栽培する全期間作と,ムギの間にダイズ,おかぼ,サツマイモタバコ等を作るように,栽培の一部の時期が重なる短期間作の二つの型がある。気象や経営の条件によっていろいろな作物の組合せ行われる。その目的は,適期に播種して生育期間を確保し収量を高めること,前作によって寒害・干害・風害・病虫害などから後作を保護すること,土地利用率を高めることである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんさく【間作】

( 名 ) スル
ある作物の畝うねと畝の間や株と株の間に他の作物を栽培すること。あいさく。
輪作の一。ある農作物の収穫後、次の農作物を栽培するまでの間を利用して、野菜などを栽培すること。あいさく。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間作
かんさく

ある作物のうね間あるいは株間にほかの作物を作付けすること。この場合、2作物の収穫物は別々に扱われ、一般には栽培時期や収穫期がずれる。間作方式は、土地利用率を高めるばかりでなく、前作の存在により後作の初期生育が有利となることが多い。たとえば、ムギ類のうね間にスイカやタバコの苗を移植したり、サツマイモの苗を挿すと活着が優れる。一方、後作は前作の日陰になったり、大型機械の導入がむずかしいなどの欠点がある。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

間作の関連情報