塩谷(読み)シオノヤ

大辞林 第三版の解説

しおのや【塩谷】

姓氏の一。

しおや【塩谷】

栃木県北部、塩谷郡の町。日光北街道の旧宿駅。佐貫さぬき石仏や鳥羽湯などで知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩谷
しおや

北海道西部、小樽(おたる)市西部の地区。旧塩谷村。1958年(昭和33)小樽市に編入。小樽市の近郊農業地区で、野菜や果樹栽培が行われ、丘陵地は住宅団地に変容した。海岸は、かつてはニシン漁で栄えた忍路(おしょろ)千石場所の延長部であったが、現在は磯(いそ)漁業が行われ、また海水浴場となっている。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩谷の関連情報