塩谷(読み)しおや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩谷
しおや

北海道西部、小樽(おたる)市西部の地区。旧塩谷村。1958年(昭和33)小樽市に編入。小樽市の近郊農業地区で、野菜や果樹栽培が行われ、丘陵地は住宅団地に変容した。海岸は、かつてはニシン漁で栄えた忍路千石場所(おしょろせんごくばしょ)の延長部であったが、現在は磯(いそ)漁業が行われ、また海水浴場となっている。

[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しおのや しほのや【塩谷】

姓氏の一つ。

しおや しほや【塩谷】

栃木県の北西部の郡名。鬼怒川上流域の山間地。
[補注]「二十巻本和名抄‐五」には「下野国〈略〉塩屋〈之保乃夜〉」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android