後楽(読み)コウラク

デジタル大辞泉「後楽」の解説

こう‐らく【後楽】

范仲淹(はんちゅうえん)「岳陽楼記」の「天下のしみに後(おく)れて楽しむ」から》世間の人々の楽しみを先にし、自分はあとで楽しむこと。「先後楽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「後楽」の解説

こう‐らく【後楽】

〘名〙 (「范仲淹‐岳陽楼記」の「先天下之憂而憂、後天下之楽而楽」による語) 上に立つ者として、世間一般の人たちが楽しんだ後に楽しむこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の後楽の言及

【煎茶道】より

…名は弘宜。後楽とも号した。可進が煎茶界に画期をもたらしたのは,医家としての科学的・合理的な眼で,茶そのものをもう一度見直し,茶に即した煎法と手前を新しく創案し,造意(このみ)の茶具を定めたことにある。…

※「後楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android