コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後楽 コウラク

デジタル大辞泉の解説

こう‐らく【後楽】

范仲淹(はんちゅうえん)「岳陽楼記」の「天下のしみに後(おく)れて楽しむ」から》世間の人々の楽しみを先にし、自分はあとで楽しむこと。「先後楽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうらく【後楽】

〔范仲淹「岳陽楼記」〕
世人の楽しみにおくれて楽しむこと。 → 先憂せんゆう後楽

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の後楽の言及

【煎茶道】より

…名は弘宜。後楽とも号した。可進が煎茶界に画期をもたらしたのは,医家としての科学的・合理的な眼で,茶そのものをもう一度見直し,茶に即した煎法と手前を新しく創案し,造意(このみ)の茶具を定めたことにある。…

※「後楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

後楽の関連キーワード天下の憂いに先立ちて憂え,天下の楽しみに後れて楽しむ天下の憂いに先だちて憂え天下の楽しみに後れて楽しむアウンコンサルティングNECネッツエスアイ富士通マーケティングエバーネットデータ東京ドーム(株)日本ストライカー後楽園(岡山)後楽園(東京)丸紅プラックス野球体育博物館サカタインクス小石川後楽園龍野 周一郎文京(区)後楽園球場木谷 美春小松 耕輔ユーグレナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後楽の関連情報