コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後炎/後焔 コウエン

デジタル大辞泉の解説

こう‐えん【後炎/後×焔】

大砲を発射したあと、砲尾から噴出する火炎。砲弾発射後に、薬嚢(やくのう)の材料が薬室内に燃え残ることから発生するもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

後炎/後焔の関連キーワード防炎材料源高明大砲

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android