後生掛[温泉](読み)ごしょがけ

世界大百科事典 第2版の解説

ごしょがけ【後生掛[温泉]】

秋田県北東部,鹿角(かづの)市八幡平(はちまんたい)にある温泉。十和田八幡平国立公園の一中心で,花輪線八幡平駅から〈アスピーテライン〉が通じる。泉質は酸性硫化水素泉,泉温は85~90℃。オナメ,モトメの噴気孔,大湯沼,泥火山など火山活動の活発な〈地獄〉めぐりの自然研究路があり,原始的な熱気ぶろも人気がある。付近の藤七(とうしち)温泉や,オンドル式の蒸しぶろの蒸ノ湯ふけのゆ)とともに八幡平温泉郷とよばれ,国民温泉に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の後生掛[温泉]の言及

【泥火山】より

…また油田や天然ガス田などでガスが噴出しているところに泥火山が見つかり,石油や天然ガスの発見の兆候となる。秋田県後生掛温泉の泥火山は有名。【大木 靖衛】。…

※「後生掛[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android