コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡平温泉郷 はちまんたいおんせんきょう

2件 の用語解説(八幡平温泉郷の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

八幡平温泉郷【はちまんたいおんせんきょう】

秋田・岩手県境の八幡平に散在する温泉の総称。岩手県の藤七(とうしち),秋田県の後生掛(ごしょがけ),蒸ノ湯(ふけのゆ),玉川などで,いずれも国民保養温泉硫化水素泉など。
→関連項目十和田八幡平国立公園八幡平

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八幡平温泉郷
はちまんたいおんせんきょう

秋田・岩手県境の八幡平山麓(さんろく)一帯に分布する温泉の総称。国民保養温泉地に指定されている。秋田側に志張(しばり)、銭川(ぜにかわ)、トロコ、後生掛(ごしょがけ)、赤川、澄川(すみかわ)、大沼、大深(おおぶか)、蒸(ふけ)ノ湯、玉川の各温泉、岩手側に藤七(とうしち)、松川、網張(あみはり)などの温泉がある。湯治場の雰囲気を残す温泉が多く、自炊用の宿舎がある。泥火山、噴湯、湯沼など火山現象がみられ、後生掛、藤七温泉には地熱を利用したオンドル式入浴法があり、松川温泉には地熱発電所がある。玉川温泉は北日本一の噴湯量を誇る。十和田(とわだ)八幡平国立公園域にあり、登山、スキーツアーの基地となっている。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八幡平温泉郷の言及

【後生掛[温泉]】より

…オナメ,モトメの噴気孔,大湯沼,泥火山など火山活動の活発な〈地獄〉めぐりの自然研究路があり,原始的な熱気ぶろも人気がある。付近の藤七(とうしち)温泉や,オンドル式の蒸しぶろの蒸ノ湯(ふけのゆ)とともに八幡平温泉郷とよばれ,国民温泉に指定されている。【谷沢 明】。…

【八幡平】より

…また,南東の岩手山と結ぶ尾根上には湿性植物が分布する。 山麓には秋田県側に志張(しばり)(単純泉,41~48℃),トロコ(弱食塩泉,97℃),蒸(ふけ)ノ湯後生掛(ごしよがけ),玉川,岩手県側に藤七(とうしち),松川など八幡平温泉郷と総称される素朴な温泉群がある。1970年,八幡平山頂を東西に横断する全長26.8kmの八幡平有料道路(アスピーテライン)が開通し,車で訪れる観光客が増加した。…

※「八幡平温泉郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八幡平温泉郷の関連情報