ふけ

百科事典マイペディアの解説

ふけ

頭皮表面の角質細胞が脱落したもの。汗・皮脂が混じっており,皮脂が多いと油性のふけになる。多いものをふけ症といい,頭部粃糠疹(ひこうしん)(頭部乾性脂漏)では灰白色の米ぬか様落屑(せつ)があり,軽いかゆみを自覚。ひどくなると粃糠性脱毛症をきたす。治療はマッサージ,シャンプー剤適用など。
→関連項目粃糠疹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふけ【dandruff】

頭部の皮膚から剝離(はくり)する,米ぬか状の白っぽい細かい皮膚の表皮角質細胞層をいう。表皮の細胞は基底細胞層で細胞分裂をして増殖し,以後有棘細胞,顆粒細胞を経て最後に死んだ角質細胞となり,これに皮脂腺から分泌された中性脂肪などが混じって,あか(垢)となって自然に脱落する。脱落する角質細胞層を鱗屑(りんせつ)といい,落ちる状態を落屑(らくせつ)という。被髪頭部は毛包に開口する脂腺に富んでおり,長く洗髪をしないと脂腺から分泌される皮脂とよばれる脂質成分のトリグリセリドワックスエステルスクワレンが鱗屑にしみこんで,脂っぽいふけになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふけ

花札で、だれか一人が二〇点以下の得点で終了すること。その回の勝負を無効としたり、それ自体に役をつけたりする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふけ
ふけ

表皮の最表層である角質層がはがれてできた米糠(こめぬか)様の小さい灰白色の鱗屑(りんせつ)をいう。乾性脂漏(かんせいしろう)の俗称である。皮面におびただしく付着して発赤したり、かゆみを訴えることがあり、これを一般にふけ症という。被髪頭部に好発し、とくに頭部粃糠疹(とうぶひこうしん)とよばれる。放置すると、脱毛をきたすことがある。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふけ

〘名〙 花合わせ②で、だれか一人の得点が二〇点以下の場合、その回の勝負は無効となり、どんなに高点を取っている人があっても無点とすること。また、時には役をつけることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふけの関連情報