コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後生的 こうせいてきepigenetic

岩石学辞典の解説

後生的

この語は地質学では様々の異なった意味で使われている.(1) 鉱物の変質作用の過程に使用する.(2) 岩石が固結した後に形成された鉱床[Stelzner & Ber-geat : 1904].(3) 二次鉱物に用いる[Loewinson-Lessing : 1925].同時生(syngenetic)に対する語である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

後生的の関連キーワードダイヤモンド(宝石)ヴェナイト後成的成分後成的岩後成説褶曲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android