変質作用(読み)へんしつさよう(英語表記)alteration

翻訳|alteration

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広義には、岩石がその生成条件以外の条件の下で、鉱物組成や化学組成を変化させる現象一般をいうが、普通は主として水の作用の下におこる造岩鉱物の加水変質や加水分解で特徴づけられる変化をいう。大きく分けて二つある。一つは熱水変質で、マグマの残液である熱水の効果によって、長石類は絹雲母(きぬうんも)や緑簾(りょくれん)石、曹長(そうちょう)石などに、鉄苦土鉱物は緑泥石やくさび石、方解石などに変化する。もう一つは風化作用に伴うもので、この場合には地表の循環水の影響で、長石類も鉄苦土鉱物も各種の粘土鉱物に変化し、同時に岩石は物理的にも崩壊してゆく。なお、このほかにも、海底で海水と岩石とが反応して、沸石を主とする各種の低温含水鉱物を生ずる変質作用も知られるようになった。[橋本光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

広義の変質作用は,岩石や鉱物にみられる任意の鉱物学的変化のことで,変成作用続成作用を含んでいる.普通にはもっと狭義に用いられて,局部的な熱水作用や地表付近の風化作用などで起こる変化を意味する.変質作用でもっとも大きい要因は水である.したがって,水のなかに含まれる酸素二酸化炭素バクテリアが大きなはたらきをする.地球化学的にはpH酸化還元電位がもっとも大きい要素である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の変質作用の言及

【変成作用】より

…古い鉱物が新しい鉱物に置き換わるときも,古い鉱物が水分にわずかずつゆっくりと溶け,代わって新しい鉱物がゆっくりと成長している。このようなプロセスは変質作用や風化作用の場合とよく似ている。
[変成作用のおもな種類]
 (1)熱変成作用 おもに熱の作用によって起こる変成作用のこと。…

※「変質作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android