後肩(読み)アトカタ

大辞林 第三版の解説

あとかた【後肩】

駕籠かごや輿こしなどをになうとき、あとの棒をかつぐ人。あとぼう。 ⇔ 先肩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐かた【後肩】

〘名〙 乗物の輿(こし)、駕籠(かご)などの、後方の棒をかつぐ人足。あとぼう。⇔先肩
※浄瑠璃・源氏冷泉節(1710頃)上「をのれ先肩(さきがた)かけ、あとがたは此の法眼」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後肩の関連情報