乗(り)物(読み)ノリモノ

デジタル大辞泉の解説

のり‐もの【乗(り)物】

人を乗せて移動するもの。汽車・電車・自動車・船・飛行機や、輿(こし)駕籠(かご)人力車などの総称
乗って遊ぶためのもの。ジェットコースターやゴーカートなど。「遊園地の乗り物
特に江戸時代公卿門跡大名・医師などが用いた引き戸のある特製の駕籠。乗り物駕籠。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

のり‐もの【乗物】

〘名〙
① 人を乗せて運ぶ物。馬・車・駕籠(かご)・輿(こし)などの総称。
※蜻蛉(974頃)上「のりものなきほどに、はひわたるほどなれば」
② 特に江戸時代、公卿・門跡・高級武士、また儒者・医者・僧・婦女子など限られた町人が乗るのを許された、引き戸のある特製の駕籠(かご)。乗物駕籠。
※大坂城中壁書(1595)「乗物御免之衆、家康、利家、〈略〉長老、出世之衆」
浮世草子・傾城色三味線(1701)京「乗(ノリ)物の内より東山の春を詠やり給ふべし」
③ 棺桶を運ぶ駕籠。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「其まま乗物(ノリモノ)にをし込、野墓に送りける折ふし」
④ 駕籠をかつぐ者。かごかき。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)口明「一、侍、一、百姓、一、乗物」
⑤ 乗って遊ぶためのもの。ジェットコースターゴーカートなど。「遊園地の乗物」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の乗(り)物の言及

【籠】より

…竹,蔓,木の小枝,針金などを編んでつくった入れ物。語源は定かではないが,上代に〈こ〉と呼ばれていたことを考えれば,〈か〉の由来する言葉との合成語であることがわかる。すなわち〈か〉は竹の意とも堅の意ともいわれ,〈こ〉に形容的に冠している。あるいはまた,構籠(かきご)や囲むの略義であろうとする説もある。籠の文献上の用例としては,まず鎌倉時代に書かれた《名語記》の〈こころ流浪の行人のせなかに負たる籠をかこおひとなつけたり〉をあげることができる。…

※「乗(り)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乗(り)物の関連情報