コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗(り)物 ノリモノ

デジタル大辞泉の解説

のり‐もの【乗(り)物】

人を乗せて移動するもの。汽車・電車・自動車・船・飛行機や、輿(こし)駕籠(かご)人力車などの総称
乗って遊ぶためのもの。ジェットコースターやゴーカートなど。「遊園地の乗り物
特に江戸時代公卿門跡大名・医師などが用いた引き戸のある特製駕籠り物駕籠。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の乗(り)物の言及

【籠】より

…竹,蔓,木の小枝,針金などを編んでつくった入れ物。語源は定かではないが,上代に〈こ〉と呼ばれていたことを考えれば,〈か〉の由来する言葉との合成語であることがわかる。すなわち〈か〉は竹の意とも堅の意ともいわれ,〈こ〉に形容的に冠している。あるいはまた,構籠(かきご)や囲むの略義であろうとする説もある。籠の文献上の用例としては,まず鎌倉時代に書かれた《名語記》の〈こころ流浪の行人のせなかに負たる籠をかこおひとなつけたり〉をあげることができる。…

※「乗(り)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乗(り)物の関連キーワードアリルイソプロピルアセチル尿素テオクル酸ジフェンヒドラミン臭化水素酸スコポラミンリクライニングシートアミノ安息香酸エチルクエン酸カフェインジェットコースタージフェンヒドラミン塩酸ジフェニドールメリーゴーラウンドジメンヒドリナートモータースポーツパパベリン塩酸塩エアクッション船塩酸メクリジンジプロフィリンバルビタールロートエキスアクリル樹脂プロメタジン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乗(り)物の関連情報