コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤実基 ごとう さねもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤実基 ごとう-さねもと

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
藤原実遠(さねとお)の子。代々源氏につかえる。平治(へいじ)の乱では源義朝(よしとも)の子,義平(よしひら)に属してたたかう。治承(じしょう)4年(1180)源頼朝(よりとも)の挙兵にくわわり,源義経にしたがって奮戦した。「平家物語」によれば,屋島の戦いで扇の的の射手として那須与一(なすの-よいち)を推挙したという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤実基

生年:生没年不詳
平安末期・鎌倉初期の武将。兵衛尉を称す。父は藤原秀郷の子孫で,白河院武者所に属していた宮内丞藤原実信。平治の乱(1159)では源氏方に属して活躍,乱後源義朝の娘(のち一条能保の妻)を京都で育てた。治承4(1180)年源頼朝の挙兵に応じ,屋島の戦などで戦功をあげている。

(本郷和人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

後藤実基の関連キーワード後藤基清藤原実遠生年

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android