後藤 象二郎(読み)ゴトウ ショウジロウ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

後藤 象二郎
ゴトウ ショウジロウ


生年月日
天保9年3月19日(1838年)

出身地
土佐国高知城下片町(高知県)

経歴
安政5年弱冠にて抜擢され土佐藩幡多郡奉行などを勤め、文久3年江戸に出て航海術、蘭学、英学を学んだ。元治元年土佐に帰り、大監察に任じ、藩主山内豊信(容堂)に登用されて藩政の中心となった。慶応2年長崎、上海に出張、3年坂本龍馬と会い啓発され、藩主に大政奉還を建白させこれを実現した。この間藩家老格となり、維新後新政府の参与に任じ、外国事務掛、同事務局判事、大阪府知事、工部大輔、左院議長、参議などを歴任。明治6年征韓論に敗れて辞職。7年板垣退助らと愛国党を組織、民選議院設立建白書を提出。8年元老院議官となったが再び辞職、一時高島炭坑を経営して失敗、岩崎弥太郎に譲渡。14年板垣の自由党結成に参加、弾圧を避けて15年板垣と洋行。16年帰国、朝鮮独立党を援助したが失敗。20年条約改正反対運動統一を呼びかけ大同団結運動を提唱したが、保安条例による運動への弾圧を受けて同志を裏切り、22年黒田清隆内閣の逓相となった。その後23年山県有朋、24年松方正義両内閣の逓相、25年2次伊藤博文内閣農商務相となり、取引所設置の醜聞で27年辞任した。20年に伯爵に叙せられ、22年勲一等旭日大綬章受章。

受賞
勲一等旭日大綬章

没年月日
明治30年8月4日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後藤 象二郎の関連情報