コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後退色 コウタイショク

デジタル大辞泉の解説

こうたい‐しょく【後退色】

寒色系の色や明度の低い色で、その他の色と対比させると遠くにあるように見える色。濃い緑、濃い茶など。⇔進出色

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうたいしょく【後退色】

背景に吸収されて遠くにあるようにみえる色。緑や青などの寒色系の色。収縮色。 ↔ 進出色

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の後退色の言及

【色彩調節】より

…近距離感を与える色は大きくあるいは前方へ進出するように見えるので,膨張色とか進出色とかいう。一方,遠距離感を与える色は小さくあるいは後退するように見えるので,収縮色とか後退色とかいう。(7)視認度 遠くからでもよく見える色は視認度が高いといい,近くでも識別しにくい色は視認度が低いという。…

※「後退色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後退色の関連キーワード五郎山古墳色彩心理学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android