コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐鴻儒 じょこうじゅ Xú Hóng rú

1件 の用語解説(徐鴻儒の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょこうじゅ【徐鴻儒 Xú Hóng rú】

?‐1622
中国,明末に起こった白蓮教の乱の首領。山東省鉅野(きよや)の人。16世紀半ばごろから王朝の禁圧にもかかわらず白蓮教の活動が活発になっていた。当時,党争や宦官の跋扈(ばつこ)で政治は乱れ,満州族との戦いで増税があいついだが,こうしたとき1622年(天啓2),徐鴻儒は〈中興福烈帝〉と称し,王好賢らとともに教団を率いて反乱を起こした。鉅野,鄆(うん)城を中心に山東各地を襲撃したが,政府軍に破れ,北京で磔にされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徐鴻儒の関連キーワード郷勇呉三桂五斗米道白蓮教白蓮社義和団出来事白蓮シス-トランステスト湛海(1)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone