従属会社(読み)ジュウゾクガイシャ

デジタル大辞泉の解説

じゅうぞく‐がいしゃ〔‐グワイシヤ〕【従属会社】

株式所有・貸し付け・取引などを通じて他の会社に従属している会社。子会社など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうぞく‐がいしゃ ‥グヮイシャ【従属会社】

〘名〙 大企業の親会社が、生産合理化、関連産業部門の拡大等の目的のため、資本を提供して支配下においている子会社。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の従属会社の言及

【親会社・子会社】より

…会社間に支配従属関係があるとき,支配する側の会社を親会社(支配会社),支配される会社を子会社(従属会社)という。会社の親子関係は本来,親会社の株式所有比率,子会社の株式分散度および両会社の規模,取引関係,役員兼任関係等により総合的・実質的に判断されるべきものだが,商法は,運用の便宜のために,発行済株式総数の過半数株式所有(有限会社の場合は資本の過半数出資口数所有)という形式的な基準によって親子会社を定義する(商法211条ノ2‐1項)。…

【持株会社】より

…一般には,より広義に,株式所有を主たる事業とする純粋持株会社と,それを主たる事業とはしない事業持株会社の両方を含むと考えられている。事業活動の比率が高い事業持株会社を親会社,その支配下にある他社を子会社ないし従属会社という。ドイツの経済学者リーフマンRobert Liefmann(1874‐1941)は,持株会社の本質を証券代位substitution of effectに見いだしている。…

※「従属会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報