コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従業員持株信託 じゅうぎょういんもちかぶしんたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従業員持株信託
じゅうぎょういんもちかぶしんたく

従業員持株制度に加入する従業員が自社株取得およびその管理を目的として,金銭を信託銀行に委託すること。従業員持株制度は,その実施には従業員の財産保護という点から厳正な管理運営が要求されるためこの信託が利用される。その仕組みは,まず自社株の取得を希望する従業員によって任意団体の持株会を組織し,これに加入した従業員は毎月一定額を給与から天引きして醵出する (この場合制度の趣旨である従業員の財産形成を助成するため,醵出額の一定率を奨励金として会社が支払う場合が多い) 。持株会に加入した従業員は委託者 (兼受益者) となり自社株の取得とその管理を目的として信託銀行との間に従業員持株信託契約を結ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

従業員持株信託の関連キーワード三菱信託銀行

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android