コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出生率 シュッショウリツ

デジタル大辞泉の解説

しゅっしょう‐りつ〔シユツシヤウ‐〕【出生率】

一定期間の出生数の、人口に対する割合。一般に、人口1000人当たりの、1年間の出生児数の割合をいう。日本では毎年10月1日現在の人口を基準とする。死産を含む場合は出産率という。しゅっせいりつ。→合計特殊出生率

しゅっせい‐りつ【出生率】

しゅっしょうりつ(出生率)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

出生率【しゅっしょうりつ】

出生率(しゅっせいりつ)

出生率【しゅっせいりつ】

〈しゅっしょうりつ〉とも。年間出生数(死産・流産も含む)の人口に対する割合で,1000人に対する出生数で表す。人口は年央人口(本来は7月1日。日本では10月1日)を用いる。
→関連項目安定人口・静止人口高齢化社会純再生産率人口ピラミッド

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

出生率

 一定の期間における一定の人口についての出生の割合.代表的なものに1年に人口1000人あたりの出生数がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっせいりつ【出生率 birth rate】

〈しゅっしょうりつ〉ともいう。人口population(P)1000人に対する出生数births(B)の割合をいい,粗出生率crude birth rateなどとも呼ばれる。これを数式で示すと(B/P)×1000となり,Pは年央人口(本来は7月1日,日本では国勢調査の行われる10月1日の人口)を用いる。しかし,現実には,分母のPは性別,年齢別に関係なく妊娠可能な人々によってだけ構成されているわけではないので,いいかえれば,人口中の妊娠可能な年齢の婦人の割合(未婚,既婚を含む)によって,この率は変動するばかりでなく,〈妊娠可能な年齢〉を具体的に何歳から何歳までとするのかについても必ずしも確定できないなどの理由から,2国間の比較などを行うときには注意を要する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出生率
しゅっしょうりつ

人口1000人に対する1年間の出生数の比率のことで、普通出生率ともいう。パーミル(‰)で表示する。一つの人口集団が子供を産む力を出生力といい、出生率は出生力を測定する指標である。2015年(平成27)の日本の普通出生率は8.0‰である。
 1年間の出生数を母親の年齢別に分類し、年齢別女子人口1000人に対する出生数の比率を計算したものが年齢別出生率である。分母にとる女子人口を有配偶人口に限定して年齢別出生率を計算したものが有配偶出生率である。また15~49歳までの年齢別出生率を合計したものが合計特殊出生率(合計出生率)である。合計特殊出生率は、1人の女性が一生の間に何人の子供を産むかの指数であり、少子化問題に関連して引用されることが多い。2015年の合計特殊出生率は1.45であるが、それは1000人の女子人口が、15~49歳までの2015年の年齢別出生率で子供を産んだと仮定すれば、合計で1450人の子供を産むことを示している。2.07が自然増と自然減の境目とされている。そして合計特殊出生率は、通常、女子人口1人当りの子供数で示される。1.45人の子供は男児と女児の合計であって、女児だけの年齢別女児出生率の合計を総再生産率という。2015年の総再生産率は0.71になる。女子人口1人について0.71人しか女児を産まないとすれば、親の世代から子の世代に移るときの人口が減少することになる。さらに、産まれてから死亡する子供数を差し引いた純再生産率は0.70(2015)である。
 日本の合計特殊出生率は、1925年(大正14)には5.11で、その後しだいに低下しつつあったが、第二次世界大戦後の第一次ベビーブーム期の1947年(昭和22)には4.54に上昇した。その後は漸減し、1966年の丙午(ひのえうま)の年に一時的に1.58に下がったものの、1971~1974年の第二次ベビーブーム期には2.16まで上昇した。しかし以降は低下が続き、1975年に1.91と、2.00を下回ってから下がり続け、1989年の数値では1966年丙午の1.58をさらに下回る1.57となり「1.57ショック」として注目され、少子化への関心が高まった。1999年には1.34となり、2000年に1.36と盛り返したものの2001年にはふたたび1.33に低下した。[岡崎陽一]

その後の動き

その後は2005年に1.26まで落ち込んだあと、2006年には1.32とわずかながら回復し、その後しばらくの間ゆるやかな上昇傾向を示しており、2015年には1.45となっている。
 出生率も同様に、2005年を底として2006~2013年までは上昇傾向を示していたが、その後は減少が予測されている。厚生労働省の人口動態統計によると、2015年の出生数は100万5656人、また2016年の出生数は98万1000人と推計されている。100万人割れは1947年(昭和22)の統計開始以来初めてのことである。こうした年次推移の背景として、2006年からの上昇傾向は、第二次ベビーブーム期の1971~1974年生まれの「団塊ジュニア」世代が出産の時期を迎えていたが、2014年にはこの世代の出産が減ったことが影響している。また、女性が第1子を産む平均年齢は30.7歳となり、出産の高齢化に歯止めがかからない。高齢初産の比率が高まれば、第2子以降の出産が減ることが容易に想像され、将来的な出生率はさらに低下する可能性が高い。[編集部]
『岡崎陽一著『人口統計学』増補改訂版(1999・古今書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の出生率の言及

【出生率】より

…〈しゅっしょうりつ〉ともいう。人口population(P)1000人に対する出生数births(B)の割合をいい,粗出生率crude birth rateなどとも呼ばれる。これを数式で示すと(B/P)×1000となり,Pは年央人口(本来は7月1日,日本では国勢調査の行われる10月1日の人口)を用いる。…

【人口】より

…具体的には,人口の増加,大きさ,地域分布,年齢構造といった人口要因とその変化の,人間社会の発展への影響を的確に把握し,経済社会開発計画体系の内部に織り込まれなければならないということである。 人口の増加,その要因である出生率,死亡率,その結果としての人口構造,そしてまた人口の地域分布等において,世界人口は歴史上注目すべき転換期に直面している。 これらのいくつかの人口要因について,とくに第2次大戦後における動向に焦点をおいてその変化を略述し,そして現段階の転換期的特徴について述べる。…

※「出生率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出生率の関連キーワードパリの女は産んでいる/<恋愛大国フランス>に子供が増えた理由合計特殊出生率1.5をめぐる議論合計特殊出生率(2007年)人口高齢化のメカニズム安定人口・静止人口ベビーバスターベビーブームベビーバスト将来推計人口希望出生率自然増加率合計出生率企業子宝率生涯未婚率少子高齢化人口増加率極点社会静止人口少産少死先進国病

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出生率の関連情報