得たりやおう(読み)エタリヤオウ

デジタル大辞泉の解説

えたり‐や‐おう【得たりやおう】

[連語]《「や」は間投助詞、「おう」は感動詞》うまく仕留めたとき、また、それ来たと応戦するときに発する語。えたりおう。
「ひるむところを―とて十騎の兵轡(くつわ)をならべて懸けたりければ」〈古活字本保元・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えたり【得たり】 や おう

※保元(1220頃か)上「平氏の郎等矢庭に二人射落されて、ひるむところを、えたりやおうとて、十騎の兵轡をならべて懸けたりければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる