コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得能良介 とくのう りょうすけ

2件 の用語解説(得能良介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

得能良介 とくのう-りょうすけ

1825-1883 明治時代の官僚。
文政8年11月9日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。維新後新政府にはいり,民部大丞兼大蔵大丞,大蔵省紙幣局長をへて明治11年初代印刷局長となる。ヨーロッパの印刷技術を導入し,国産紙幣の製造に力をそそいだ。明治16年12月27日死去。59歳。名は通生。号は薫山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

得能良介

没年:明治16.12.27(1883)
生年:文政8.11.9(1825.12.18)
明治時代の大蔵官僚。初代印刷局長。薩摩(鹿児島)藩士得能直介,吉の長男として生まれ,出仕後,島津斉彬,久光の側近として国事に奔走。維新後,明治3(1870)年に大久保利通の推挙で民部大丞兼大蔵大丞に任ぜられる。大蔵省が民部省を合併してのち,大蔵権大丞となる。5年同省3等出仕の渋沢栄一と衝突,暴行を加えたため免官されたが,同年司法省に採用される。7年大蔵省に復帰,紙幣頭となる。10年印刷局長に就任。国立銀行条令の改正や,紙幣製造,抄紙工場の建設による国産紙幣の製造などに尽力した。<参考文献>渡辺盛衛編『得能良介君伝』

(藤井信幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の得能良介の言及

【紙・パルプ工業】より

…また1873年には渋沢栄一らが〈抄紙会社〉(のちの王子製紙)を設立し,苦心の末75年7月に操業を開始している。このような民間洋紙製造会社の創立・開業に対して,官営製紙事業は74年に得能良介が大蔵省紙幣寮寮頭に任ぜられたときに立案され,75年に抄紙局によって東京王子に官営製紙工場の建設が始まり,翌76年に完工した。これが翌77年印刷局抄紙部となり,79年には最初の国産抄紙機を据え付け,印刷用紙を生産し市販した(それまでは手すきであった)。…

※「得能良介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

得能良介の関連キーワードレフィスゾーンアルマン条約電気事業アレクサンドル岩漿アレクサンドルジャワ戦争通航一覧岩倉具視得能良介

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone