御典医(読み)ごてんい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「御典医」の解説

御典医
ごてんい

江戸時代,将軍大名に仕えた医師俗称江戸幕府では医員は表と裏に分れ,表には御番医師,寄合医師,小普請医師,裏 (奥) には奥医師,奥詰医師があり,奥医師は将軍の診療を行い,法眼,法印のをもった。世襲のほか,藩医,町医からも選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報