コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御典医 ごてんい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御典医
ごてんい

江戸時代,将軍,大名に仕えた医師の俗称。江戸幕府では医員は表と裏に分れ,表には御番医師,寄合医師,小普請医師,裏 (奥) には奥医師,奥詰医師があり,奥医師は将軍の診療を行い,法眼,法印の位をもった。世襲のほか,藩医,町医からも選ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

御典医の関連キーワード平家屋敷民俗資料館桂 文楽(8代目)岡上 菊栄山口 宏沢田中 緑紅皆川淇園荻野元凱御薗意斎楢林鎮山吉田宗桂森鴎外林 董内科林董典医

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御典医の関連情報