コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥医師 オクイシ

デジタル大辞泉の解説

おく‐いし【奥医師】

江戸幕府の職名。将軍や奥向きの人々の診療にあたった医者。奥医。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

奥医師【おくいし】

江戸幕府の職名。将軍,奥向きの人たちを診療した。若年寄(わかどしより)支配,200俵高。法印(ほういん)・法眼(ほうげん)に叙せられるものが多かった。このほか幕府の医師制度では医師最上席にあって従五位法印に叙せられ,半井(なからい)と今大路(いまおおじ)の両家が世襲する典薬頭(てんやくのかみ),殿中表方を診療する番医師,不時の御用に備える寄合(よりあい)医師,小普請(こぶしん)医師,小石川養生所(こいしかわようじょうしょ)の養生所医師などがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

おくいし【奥医師】

江戸幕府の医官。将軍や奥向きの侍医。御近習医師。御側医師。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奥医師の関連キーワード桂川甫筑(1)桂川甫筑(2)桂川甫筑(4)大河内存真多紀元簡瀬尾昌琢緒方洪庵橋本長綱半井成近井関玄説多紀元堅桂川甫周津軽季詮永田維馨野間三竹小島宝素桂川甫賢多紀元徳岡部養竹石坂宗哲

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥医師の関連情報