御冠(読み)おかんむり

精選版 日本国語大辞典「御冠」の解説

お‐かんむり【御冠】

〘名〙 (形動) (「お」は接頭語) きげんが悪いこと。怒っているさま。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉夏霜枯「なんだか今夜はひどくお冠(カンムリ)だね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御冠」の解説

お‐かんむり【御冠】

[名・形動]機嫌が悪いこと。怒っていること。不機嫌なさま。「かんむりを曲げる」から出た語という。「からお冠だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御冠の言及

【元服】より

…〈げんぷく〉ともいい〈元〉は首,〈服〉は着用する意。首服,首飾,冠礼,加冠,初冠(ういこうぶり∥ういかぶり),御冠(みこうぶり),冠ともいう。
[古代]
 冠礼としての成人式は,日本古代では682年(天武11)に規定された男子の結髪加冠の制以後,冠帽着用の風習が普及してからで,国史に見えるものとしては714年(和銅7)の聖武天皇(14歳で元服)の記事が初めとされる。…

※「御冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android