コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御冠 オカンムリ

デジタル大辞泉の解説

お‐かんむり【御冠】

[名・形動]機嫌が悪いこと。怒っていること。不機嫌なさま。「冠(かんむり)を曲げる」から出た語という。「朝からお冠だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おかんむり【御冠】

〔「冠を曲げる」からという〕
機嫌が悪いこと。 「社長は朝から-だ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御冠の言及

【元服】より

…〈げんぷく〉ともいい〈元〉は首,〈服〉は着用する意。首服,首飾,冠礼,加冠,初冠(ういこうぶり∥ういかぶり),御冠(みこうぶり),冠ともいう。
[古代]
 冠礼としての成人式は,日本古代では682年(天武11)に規定された男子の結髪加冠の制以後,冠帽着用の風習が普及してからで,国史に見えるものとしては714年(和銅7)の聖武天皇(14歳で元服)の記事が初めとされる。…

※「御冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御冠の関連情報