機嫌(読み)キゲン

デジタル大辞泉 「機嫌」の意味・読み・例文・類語

き‐げん【機嫌/×譏嫌】

[名]
表情態度にあらわれる気分のよしあし。快・不快などの感情。気分。「―がよい」「―を損ねる」
人の意向や思わく。また、安否やようす。「―をうかがう」
そしりきらうこと。嫌悪すること。
「時人の―をかへりみず、誓願一志不退なれば」〈正法眼蔵・行持〉
時機。しおどき。
「病をうけ、子産み、死ぬることのみ―を計らず」〈徒然・一五五〉
[形動][文][ナリ](多く「御機嫌」の形で)気分がよいさま。愉快なさま。「だいぶお酒が入ってご―なようす」→御機嫌ごきげん
[補説]もと「譏嫌」と書き、そしりきらうの意。仏教で、他人の「譏嫌」を受けないようにする戒律「息世譏嫌戒」から出た語。のちに「機」が、気持ちに通じる意を生じてから用いられるようになった。
[類語](1感情気分気色きしょく気持ち顔色かおいろ風向き御機嫌上機嫌じょう情感心情情緒じょうしょ・じょうちょ情調情操情念情動喜怒哀楽感じエモーション/(2安否様子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「機嫌」の意味・読み・例文・類語

き‐げん【機嫌・譏嫌】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( 譏嫌 ) そしりきらうこと。世人の嫌悪すること。
    1. [初出の実例]「道が云く、聖人は食を要し給ふ事无(な)しと云へども譏嫌(きげん)の為に求め給ふか」(出典:今昔物語集(1120頃か)七)
    2. 「永離身心悩、内外の受楽ひまもなし、大乗善根界、たれか機嫌の名をきかむ」(出典:浄業和讚(995‐1335)下)
    3. [その他の文献]〔晉書‐褚裒伝〕
  3. 事を行なうしおどき。
    1. [初出の実例]「不扶誘之僧俗、不昼夜之機嫌」(出典:右記(1192))
    2. 「世に従はん人は、まづ機嫌を知るべし。〈略〉但し、病をうけ、子うみ、死ぬる事のみ、機嫌をはからず」(出典:徒然草(1331頃)一五五)
  4. その時々の様子や形勢。事情。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
    1. [初出の実例]「片ほとりの山科に知る人ありける所にわたらせ給ひて、京のきげんをぞ窺ひける」(出典:義経記(室町中か)二)
  5. 表情、言葉、態度にあらわれている、その人の気分のよしあし。
    1. [初出の実例]「今一度君を見参らせんと存じ候て、きげんをかへりみ候はず」(出典:長門本平家(13C前)一四)
    2. 「四匁が四分にてもゑびは沙たのない事、と機嫌(キケン)わるし」(出典:浮世草子・世間胸算用(1692)一)
  6. ( 形動 ) 気分のよいこと。心持の愉快なさま。ごきげん
    1. [初出の実例]「したが、たれやら云たが、ゆふべも、きげんてあったと云」(出典:天理本狂言・貰聟(室町末‐近世初))
    2. 「是非なく常より機嫌(キゲン)なる㒵(かほ)にして」(出典:浮世草子・武家義理物語(1688)五)

機嫌の語誌

「譏嫌」が本来の用字と思われる。「随・安斎随筆‐一六」では、「譏嫌」と「機嫌」を別語としているが、疑問。を考慮するところから転じて他の意が生じることになったと見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「機嫌」の意味・わかりやすい解説

機嫌
きげん

本来は仏教語で「譏嫌」と書き、譏(そし)り嫌うの意で、世間の人々が嫌うことをさしたが、のち意義が多様に分かれ、それとともに「機嫌」とも書くようになった。「嫌」の字を「げん」と読むのは呉音(ごおん)による。譏り嫌うことに気を配る必要があるところから、ことばや態度、物腰などに表れた他人の意向や思惑(おもわく)を意味するようになり、さらに転じて、ようすや形勢、あるいは気分や気持ちの意となり、他方では事のおこる時機や機会を意味するようにもなった。今日では一般的に感情や気分をいい、「御」の字を冠して、愉快な心持ち、晴れやかな気分をいうことも多い。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

普及版 字通 「機嫌」の読み・字形・画数・意味

【機嫌】きげん

人の心持ち。

字通「機」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android