コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御出木偶 オデデコ

デジタル大辞泉の解説

お‐ででこ【御出木偶】

江戸中期、放下師(ほうかし)などが見世物に使った人形。ざるを伏せて開けるたびに異なった人形を出した。
御出木偶芝居」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おででこ【御出木偶】

享保・元文(1716~1741)の頃、見世物に用いた人形。放下師ほうかしがオデデコデンの囃子はやしに合わせ、伏せた笊ざるをあけるたびに、次々に変わる人形が出現する。
「おででこしばい」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御出木偶の関連キーワード放下師見世物ざる人形

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android