コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三弦 さんげん san-xian

5件 の用語解説(三弦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三弦
さんげん
san-xian

中国,日本の弦楽器名。古くは三絃とも書く。日本では一般に三味線というが,地歌,箏曲では (演奏会プログラムなど) 三弦という場合が多い。中国では元末 (14世紀中頃) に俗楽器として現れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐げん【三弦/三×絃】

三味線の別名。地歌箏曲(そうきょく)では正称とされる。
中国の弦楽器。外形は日本の三味線に似るが胴の両面には蛇の皮を張り、人差し指の指頭または義甲で弾く。琉球に伝来して三線(さんしん)となり、さらに日本本土に渡って三味線となった。弦子。三弦子。
雅楽で使う3種の弦楽器。琵琶箏(そう)和琴(わごん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三弦【さんげん】

中国の長い棹をもつリュート撥弦楽器。中国語ではサンシエン。3本の弦。大小二つのタイプがある。小三弦(シヤオサンシエン)の方が古く,19世紀半ばに改造されて大三弦(ダーサンシエン)が生まれたとされる。
→関連項目江南糸竹セタール弾詞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんげん【三弦 sān xián】

中国のリュート属撥弦楽器。弦子ともいう。起源に関しては諸説があるが,確定した説はない。名称が明代の文献に見られ,16世紀以後に誕生した。構造は,裏表両面に蛇皮を張った木の胴に長い棹をさし込み3本の弦を張る。棹にフレットはない。音高は固定してはおらず,一般に最低音は〈れ〉から〈そ〉の間で,最高音は〈そ〉から〈ソ〉である。調弦は,4度,5度の音程に基づいて一般に次の3種が行われている。すなわち(1)硬中弦 ドソド(オクターブ上のド),ソレソ,レラレなど日本の三味線でいう二上がり

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三弦
さんげん

中国、日本のリュート型撥弦(はつげん)楽器。三絃とも書く。中国の三弦は弦子ともいい、全長約90~120センチメートルで、丸みを帯びた胴と長い棹(さお)をもつ。3本の弦は絹製。外形は日本の三味線(しゃみせん)に近いが、胴の両面には蛇の皮を張り、人差し指の指頭、あるいは指先につけた義甲で演奏する。調弦法にはいろいろあるが、下から5度、4度(三味線の二上り)、または4度、5度(三味線の本調子)にとることが多い。音色は三味線より太く、重い。この三弦が日本に伝来し、沖縄の三線(さんしん)や日本本土の三味線の祖となった。日本では、通常三味線の別称として用いられるが、ときには雅楽で用いる3種の弦鳴楽器(和琴(わごん)、楽箏(がくそう)、楽琵琶(がくびわ))の総称として使用されることもある。なお、同様な命名として興味深いのは、イランの古典音楽で用いられるセタールというリュート型撥弦楽器である。これは、ペルシア語で「三弦」を意味する。現在はドローン弦が付加されて4弦になっているが、主要弦は3本であり、機能上、今日もなお三弦の性格を保っている。[卜田隆嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三弦の言及

【三味線】より

…日本の弦楽器(イラスト)。〈さみせん〉とも発音し,三絃,三弦と書かれることが多い。江戸時代に発達した楽器で,今日でも各方面で使われている。…

【朝鮮音楽】より

…感恩寺址から出土した資料の多くは,三国時代の様相とは明らかに異なっていることを物語っている。新羅の楽器として三竹(大笒(たいきん),中笒,小笒)と三弦(伽倻琴,コムンゴ,琵琶),拍板,大鼓がある。郷歌や踊りも栄え,今日なお伝えられている宮廷仮面舞踊の〈処容舞〉もこの時代におこった。…

※「三弦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三弦の関連キーワード弦鳴楽器撥弦楽器リュートドムラサズドゥタールバンドゥリアブズキコムズドンブラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三弦の関連情報