コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御占神事 みうらしんじ

1件 の用語解説(御占神事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御占神事
みうらしんじ

事のなりゆきの吉凶を神に問い,その心を受けて卜し定める神事。その方法には種々あり,日本では古代にしかの肩骨を焼いて,その亀裂文様で神意を伺う太占 (ふとまに) があったが,のち朝鮮経由の中国の亀卜 (亀の甲による) ,筮卜,易卜が代るようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御占神事の関連キーワード讖緯星占い臓卜成行き成行き任せ道楽者のなりゆき放蕩児のなりゆき佐々成之清水斉順水野成之

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone