御器の実(読み)ゴキノミ

デジタル大辞泉の解説

ごき‐の‐み【御器の実】

《椀の中に入れるものの意》めし。また、生活の種。
「草履、雪駄、傘、木履は、つかみ奉公する者の―だが知らないか」〈浄・加増曽我〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ごき【御器】 の 実(み)

(飯椀の中に入れるものの意)
① ごはん。飯。
浄瑠璃・菅原伝授手習鑑(1746)四「役の行者の跡をおひ、朝夕してやる五器膳器、五器の実(ミ)
② 生活の種。生活の手段。
※浄瑠璃・加増曾我(1706頃)一「草履、雪駄、傘、木履は、つかみ奉公する者のごきのみだが知らないか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android