御国様(読み)おくにさま

精選版 日本国語大辞典の解説

おくに‐さま【御国様】

〘名〙 近世、大名が自分の領地に置いた妾。
浮世草子・世間妾形気(1767)一「春秋に次妃と策(しる)し、武家にはお国様とうやまふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android