コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世間妾形気 せけんてかけかたぎ

2件 の用語解説(世間妾形気の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せけんてかけかたぎ【世間妾形気】

浮世草子。四巻。和氏訳太郎(上田秋成)作。1767年刊。妾の生態を描いて八文字屋以来の気質物かたぎものの系統を引きながら、単に遊戯的でない皮肉な観照などに、秋成独自の姿勢を感じる作。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せけんてかけかたぎ【世間妾形気】

浮世草子。和訳太郎(上田秋成)作。1767年(明和4)刊。4巻。《諸道聴耳世間猿》に次ぐ2作目。八文字屋本以来の気質物(かたぎもの)の形式をうけたもので12話より成る。全体を妾の上に展開しているが,妾とは遊女でもなく地女(じおんな)でもないために,どことなくいかがわしい存在である。妾が性愛を唯一の売物にする以上,そこには騙り(かたり)しかてだてがない。酔のまぎれに雑掌と通ずる妾,浦島伝説の女パロディ,月がかりの女,妾の姦通への報復譚,僧侶相手の美人局(つつもたせ),江戸屋敷の部屋めぐりの女,信田妻の逆用や,小野小町零落譚のパロディもあるが,中には巻三の2・3のように《雨月物語》の〈浅茅が宿〉に通ずる短編もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone