コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御府内 ゴフナイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐ふない【御府内】

江戸時代、町奉行の支配に属した江戸市域。文政元年(1818)、東は亀戸・小名木村辺、西は角筈村・代々木辺、南は上大崎村・南品川町辺、北は上尾久・下板橋村辺の内側と定められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごふない【御府内】

江戸時代、江戸の市域とされた地域。支配向きごとに境域は一定しなかったが、1818年寺社勧化場と塗高札掲示の範囲をもってその境域とし、絵図に朱線で示した。大体、東は中川、北は荒川・石神井川下流、西は神田上水、南は目黒川を境とする。朱引き内。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御府内の関連キーワード文政寺社町方書上江戸町方書上小普請奉行男谷精一郎東京(都)御府内備考作事奉行神田上水朱引き境域府内

御府内の関連情報