御府内(読み)ゴフナイ

デジタル大辞泉の解説

ご‐ふない【御府内】

江戸時代、町奉行の支配に属した江戸市域。文政元年(1818)、東は亀戸・小名木村辺、西は角筈村・代々木辺、南は上大崎村・南品川町辺、北は上尾久・下板橋村辺の内側と定められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごふない【御府内】

江戸時代、江戸の市域とされた地域。支配向きごとに境域は一定しなかったが、1818年寺社勧化場と塗高札掲示の範囲をもってその境域とし、絵図に朱線で示した。大体、東は中川、北は荒川・石神井川下流、西は神田上水、南は目黒川を境とする。朱引き内。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐ふない【御府内】

(「ご」は接頭語) 江戸時代、江戸の市域のこと。支配向により、その境域は異なっていたが、文政元年(一八一八)になって、曲輪内より四里までの所、東の方は亀戸・小名木村辺、西の方は角筈村・代々木辺、南の方は上大崎村・南品川町辺、北の方は上尾久・下板橋村辺、これらを含んだ地域の中と決められた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御府内の関連情報