コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御方奉公 オカタボウコウ

デジタル大辞泉の解説

おかた‐ぼうこう【御方奉公】

一定の年限を定めて婿が嫁方に入って働く習俗。年限により三年婿・五年婿などとよばれる。→年季婿(ねんきむこ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかたぼうこう【御方奉公】

労働婚の一。婿が年限を定めて妻の家に住み込み働くこと。年限によって三年婿・五年婿とも称す。年期婿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御方奉公の関連キーワード年期婿