年期婿(読み)ねんきむこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年期婿
ねんきむこ

結婚後一定期間、夫が妻方に入って働き、その後、妻子を連れて自家に帰る婚姻方式。三年婿、五年婿、出帰り婿、手間とり婿などともいい、東北地方の各地にみられた。形式的には婿入り婚の古態と一致するけれども、実際は娘の労働力をすこしでも長く実家にとどめ置こうとするとともに、嫁に出すことによって生ずる労力不足の補償を求めて案出された「労役婚」といえる。それは東北地方の特殊な大農経営による所産であり、姉家督(あねかとく)の慣行とも成立の基盤を同じくする。やがて、長男が幼少な場合に限るとか、住み込んでしまわずに夜だけ妻問(つまど)いするとか、1年の特定時期だけ労力を提供するとか、さまざまな変異を示しながら消滅していった。[竹田 旦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の年期婿の言及

【婚姻】より

…嫁入道具は嫁入婚にともなって重視されるようになったが,婿入婚ではきわめて少なく婚姻締結の要件ではない。婚約締結に際し,東北地方の年期婿のように,金銭の授受ではなく,一定期間妻方に対する夫の労役奉仕という形態もある。 一般に日本の婚姻形態は,婿入婚から嫁入婚に移行したと考えられており,各地にみられる婚姻形態の種々相は,この変遷過程のどこかに位置づけられるものといわれている。…

※「年期婿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android