御茶を挽く(読み)おちゃをひく

精選版 日本国語大辞典「御茶を挽く」の解説

おちゃ【御茶】 を 挽(ひ)

芸妓や娼妓などがお客がなくて暇なことにいう。
※浮世草子・好色二代男(1684)二「下駄はいてうすをいただき、お茶をひかしゃれぬまじないといふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御茶を挽く」の解説

御茶おちゃ・く

遊女が、客のないときに茶臼ちゃうすで葉茶をひく仕事をさせられたところから》芸者・遊女などが客がなく暇でいる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android