コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御蓼 オンタデ

デジタル大辞泉の解説

おん‐たで【御×蓼】

タデ科の多年草。高山の砂礫(されき)地に生え、高さ20~80センチ。葉は大きく、卵形雌雄異株。夏、黄白色の小花を総状につける。白山たで。いわたで。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんたで【御蓼】

タデ科の大形多年草。雌雄異株。高山の砂礫地に生え、地下茎が深く横走する。葉は卵形で厚く、大きい。夏、茎や枝の先に円錐花序を立てて黄白色の小花を密につける。イワタデ。ハクサンタデ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

御蓼 (オンタデ)

学名:Pleuropteropyrum weyrichii var.alpinum
植物。タデ科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

御蓼の関連キーワードイワタデ円錐花序地下茎

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android