御連枝(読み)ゴレンシ

大辞林 第三版の解説

ごれんし【御連枝】

天皇や貴人の兄弟を敬っていう語。 「これ皆後伏見院の御子、今上皇帝の-なり/太平記 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ご‐れんし【御連枝】

〘名〙 (「ご」は接頭語) 貴人の兄弟をいう。御兄弟。
※吾妻鏡‐文治二年(1186)五月一四日「予州者鎌倉殿御連枝。吾者彼妾也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御連枝の言及

【家門】より

…江戸時代における大名家格の一つ。徳川氏の直系一門(親藩)のうち,御三家・御三卿以外の大名とその分家および御三家の分家(御連枝)をいう。越前系の福井・松江・津山,尾張系の高須,紀伊系の西条,水戸系の高松,久松系の松山・今治,保科系の会津,越智系の浜田の各藩がこれにあたる。…

※「御連枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android