連枝(読み)レンシ

  • つらなる
  • 枝(えだ)

精選版 日本国語大辞典の解説

(「連枝(れんし)」を訓読したもの)
① つらなっている枝。
※新葉(1381)春下・一五七「住のえの松もさか行く色みえてつらなる枝にかかる藤なみ〈頼意〉」
② (つらなる枝のように本を同じくするところから) 兄弟のたとえにいう。多く、貴人の兄弟をいうのに用いる。
※謡曲・親任(1541頃)「思いぞ深き咲く花も、連なる枝をなど、隔つる露なるらん」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「兄とはしらで贈りしも、連(ツラナ)る枝の誠をあらはし」
〘名〙
① つらなる木の枝。〔梁簡文帝‐和蕭侍中子顕春別詩〕
② (つらなる枝も本は同じ木であるところから) 兄弟姉妹のこと。特に、高貴の人にいう。
※扶桑集(995‐999頃)七・五嘆吟〈源順〉「自去年来書信絶、連枝何日間栄枯」 〔蘇武‐四首詩其一〕
③ 浄土真宗で、法主の一族の称。
※本願寺通紀(18C後)一三「准宗主送終紀有連枝・院家・内陣・定衆・絹袈裟・総坊主衆次第

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の連枝の言及

【一門衆】より

…元来個人に与えられた一門衆身分は彼らの子孫へと受けつがれ,あたかも寺格を示すもののごとく固定化していった。一方,宗主の代替りごとに新たな庶子・親族団が形成され,11代顕如のとき院家(いんけ)の制が,12代教如・准如のとき連枝(れんし)の称が設けられた。そのため身分・役割両面で一門衆の独自の存在は意味を失うこととなった。…

※「連枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連枝の関連情報